ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 超小型バーベキューグリル実践 | main | アルコールバーナー用万能五徳 フレイムガード >>
2016.11.03 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.05.06 Wednesday

!重要! 超小型BBQコンロ_ファイアーケージの反り

本日はCORNELI/コーネリ公式BLOGへ御訪問ありがとうございます。

本日は金属板の反りについて紹介致します。

金属板は火にかけると絶対に反り(変形し)ます。
厚み,材質等により変形具合に差はありますが、反り(変形)を避ける事は出来ません。

なので、CORNELI/コーネリの道具(火器)は、その変形を少なくするような設計をしていません。
むしろ反り(変形)は想定内で、その反り(変形)を利用した設計になっています。

下記する使用上の注意事項を守って使用頂く事により一層使いやすい道具になります。

1,使用後,使用中、高温な状態の金属板に水をかける等で急速に冷却しないで下さい。
  変形した状態で固まり平らな状態に戻らなくなります。

2,金属板には製造工程上の裏表が存在します。
  見た目では解りずらいですが、何回か使うと火にかけた時反る方向は同じはずです。
  その反りが "内側が凸" "外側が凹" になるように組み立てて使用下さい。(写真参照)
  その様に組み立てる事によって隙間がなくなり炭漏れしない
  ガタ(遊び)が無く安定する様に設計されています。
  又、反り(変形)は使いこむ内に最初より少なくなります。

下の2枚の写真をご覧ください。(ファイアーケージL)

超小型バーベキューコンロ

超小型バーベキューコンロ
上の写真:鳥のささみが乗っている方が悪い例です。
下の写真:石の上に乗った方が良い例です。

底の板に注目下さい。鳥のささみが乗っている方は真ん中が凹んで隙間が出来ています。
これでは、ここから炭が漏れて使いにくいです。

一方、もう一枚の写真では、真ん中が上凸になって隙間が出来ていません。
この様に組み立てて使う事によって、ガタ(遊び)が無く安定する様に設計されています。

とは言うものの、私は個人的にあまり気にせず使っていますが^_^;

詳しくは下記リンクからCORNELI/コーネリSHOPまでどうぞ。


produced by CORNELI

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
 
2016.11.03 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR