ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アルコールバーナー用五徳 デルタクロス(SHG-D) 使用感 | main | 1mm のステンレス鋼で創る訳 >>
2016.11.03 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.02.07 Saturday

MSR Fuel Bottles (燃料用ボトル)

今日は、私がいつも使用しているMSRの燃料ボトルを紹介します。
(燃料ボトルは各社色々ありますが、比較ではありません)

MSRの燃料ボトルの特徴は蓋が普通に開かない事です。
閉める時は普通に右廻し、開ける時は蓋を押し込んで左廻しになります。
この安全安心感が好きで、これを使用しています。

まずはサイズのラインナップは以下3種類です

燃料ボトル 11oz(325ml)
燃料ボトル 20oz(590ml)
燃料ボトル 30oz(887ml)

私が使用しているサイズは、20oz(590ml)写真の物になります。

MSR 燃料ボトル

この類の物は大は小をかねません。
必要以上に大きいとかさばります。

私の場合、主なアルコールの使用目的はアルコールバーナー用になるのですが
トランギアのアルコールバーナー(TR-B25)で、50ml弱/回で20分以上燃焼します
ソロキャンプだと、湯を沸かす、白米を炊く、炒め物、翌朝のコーヒー等
でフルに使っても 200ml/1泊 もあれば事たりますが風が強いと燃料を消費しやすくなるので
余裕をみて1泊ソロキャンプで 11oz(325ml)が丁度のサイズになるかと思います。
このサイズは牛乳瓶を一回り大きくした位のサイズで非常に扱い易いです。

私が 20oz(590ml)を使用している理由は、ただ薬局で購入するアルコールが500ml入り
なので、それを全部入れたいだけです・・・^_^;
20oz(590ml)の良さは2泊までなら出先でアルコールの追加購入が不要な事。
2泊以上になった場合、途中薬局で500mmlのアルコールを購入して全部入る事です。
そんな理由から、私がお奨めするベストサイズは 20oz(590ml)です。

30oz(887ml)になると大きいぶんかさばりますし
日本国内においては薬局はどこにでもあり、いつでもアルコールは補充可能なので
特に必要性を感じません。

あと余談になりますが燃料をペットボトルや蓋付きのコーヒー飲料のアルミ缶等
に入れて持参するのは絶対にヤメましょう。
間違って誤飲するとメチルアルコールの場合大変どころでは済みません。

個人的に、何でも工夫して代用する事は好きですが
ここは節約する所ではないと思います。
燃料用のアルコールは、しっかりとした燃料専用のボトルで持参する事をお勧めします。


CORNELI/コーネリでは、アルコールバーナー用五徳を数多くデザイン,販売しています。
アルコールバーナー用五徳をお探しの方は
下記リンクより是非SHOPまでおこし下さい。

produced by CORNELI

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
2016.11.03 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR