ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< MSR Fuel Bottles (燃料用ボトル) | main | キャンプ道具の大型化 >>
2016.11.03 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.02.11 Wednesday

1mm のステンレス鋼で創る訳

早速ですが、CORNELI/コーネリ のキャンプ,野営道具の板厚についての考えを下記してみました。

CORNELI/コーネリ のキャンプ,野営道具は1mmのステンレス鋼(SUS304)を採用している道具が多いです。

今現在ネットショップにて販売中のアルコールバーナー用五徳は全て1mmのステンレス鋼(SUS304)
を採用しています。

普通一般的にキャンプ道具を設計製作するにあたり、重いより軽い方がいいでしょう。

仮にアルコールバーナー用五徳を0.8mmのステンレス鋼で製作した場合、重さは2割減になりますが
数回使用するぶんには、機能的には1mmで製作した場合と特に変わりません。

しかし0.8mmでは、手の力で簡単に曲がってしまい、収納性の問題から曲げ加工をしていない事もあり
デリケートな道具になってしまいます。
リュックに詰め込んで山に登るのであれば、その数グラムの軽量が大事なのでしょうが
我々CORNELI/コーネリは、バイクに積んで移動する事を前提に物創りをしています。

バイクで旅をする方々には、わずか数グラムの軽量と強さのどちらが必要か?
私自身バイクでソロキャンプによく出かけますが
経験上、小さい道具の軽量化にはあまり意味を感じません。

バイクに積んで移動する事を第一に考えるCORNELI/コーネリの道具は
「軽い」ではなく「丈夫」「小い」を優先してデザインしています。

1mmを超す厚板や、軽くて丈夫なチタン等を採用していない理由は
そうなるとどうしてもオーバースペックになってしまい
実用性を超えた所有欲を満たす趣味性の強い道具になってしまうと考え
今の所、CORNELI/コーネリでは、採用を見送っております。

色々な材質、色々な厚みの板材を手に取って確認し、試作を経て採用した板厚が「1mm」になります。

CORNELI/コーネリの道具創りに基本消耗品という考えはありません。
多少重たくなったとしても長く使用できる道具を創ります。

CORNELI/コーネリSHOPへは下記リンク↓からどうぞ。

produced by CORNELI

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
2016.11.03 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR